佐藤ヒロユキ。仙台在住のMOD音楽職人(サウンドエンジニア&プロデュース/レーベルなどやってます)アナログレコード好き1963年生まれ。GROOVE COUNCIL代表。http://groovecouncil.jimdo.com/
by higehiro415
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

On The Million Crossroads Rock

f0210751_08573385.jpg

この週末、コレクターズの東北ツアー(郡山、盛岡)が終わった。
東北地方が今回2本だけというのは寂しい気持ちもあるが、ライヴ濃度から見れば倍以上の美味しさが詰まっていたことも確かだ。

こんな最高なバンドと、そして熱き優しきファンの方々と同じ時間を共有できる幸せを噛みしめている。
迷ったり遠回りもあったけど、自分もこうして30年間音楽への情熱を絶やさずにきたからこそ、ここにいられるのだと思う。

頑張っていれば何とかなる。
まさに彼らはそれを実証してくれようとしている。
もちろん類い稀な才能もあるだろうが、自分を磨き上げながら音楽に人生を捧げてきたからこその今なのだろう。

2日間とも文句のつけようがない圧巻のステージだったが、何ともカッコいいのは、ベテランならではの貫禄はあれど変な落ち着き感がないことである。
まだまだ進化していく過程みたいなものを感じさせてくれ、強烈にロックするダイナミズムと小気味よくロールするグルーヴは、リアルな生き様を刻み込む。

全国ツアーなのでどの場所がどうということはなく、ライヴである以上同じセットリストだとしても一本たりとも同じライヴにはならない。
だからという訳ではないが、自分がPAに指名される意味も踏まえ、担当する東北でのライヴが特別なものになるよう、すべてを注ぎ込んで音作りした。

バンドが奏でるアンサンブルと加藤クンのボーカルを、その生音の良さを損なわずにパッションと息遣いも含めてオーディエンスに届けられるように。
目に見えない耳に聞こえない、彼らの溢れだすロックンハートも音に乗せられればいいなと念じながら。

f0210751_08580832.jpg

さて次の担当はツアー水戸、そしてピロウズとの対バンだ。
バンドに置いていかれないよう僕自身も進化した音作りをするつもりだが、まずは何より、またあのライヴを体感できるということが今から楽しみで仕方ないのである。


# by higehiro415 | 2016-10-18 08:53 | 音楽 | Trackback | Comments(1)