佐藤ヒロユキ。仙台在住のMOD音楽職人(サウンドエンジニア&プロデュース/レーベルなどやってます)アナログレコード好き1963年生まれ。GROOVE COUNCIL代表。http://groovecouncil.jimdo.com/


by higemodern
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

フェス!

The黄昏カラアズ(仙台のインディーズバンド)のミックス作業も85%終了。
あとはマスタリングを残すのみとなった。

久しぶりのアナログレコーディング、かなり楽しかったなぁ~。
バンド演奏も一発録りなら、僕のミックスも一発勝負なので、緊張感のなかにも工夫と経験の腕が鳴るスリリングな作業であった。

清志郎~どんと、の流れを汲む彼らの音楽、幹ちゃん同様、仕事抜きで応援していきたいと思っている。


さて、明日からいよいよARABAKI Rock Fes.だ。
今年は天気も良さそうだし、数々のロックミュージックが大空に響き、多くのロックキッズを感動させることだろう。
僕もそのお手伝いとして、デカくてイイ音を出してこようと思う。

野外ロックフェスと言えば、むかし僕も何年か携わっていた日本の野外ロックフェスのハシリ「R&R Olympic(1981~1995)」の事を思い出す。

仙台(正確には村田町)の山奥で行われた超手作りのロックフェス。
ステージはひとつしかなかったが、この地でブレイク直前のバンドが一気に見られるという意味でも、大きな意味を持っていたように思う。

僕と一緒にワゴン車に乗り東北をドサ回りしていたバンドが、このフェス出演を機に大きく羽ばたいていく様を何度も目の当たりにした。

ローザ(Bo Gumbos)、アンジー、ジュンスカ、ロティカ、筋少、シェイディー、X、ピーズ、ニューエスト。

また、憧れだった人たちと仕事をすることで沢山勉強もさせてもらったのも、このフェスであった。
RC、シナロケ、ARBなどなど。

なんだか懐かしいなぁ~。
もう15年も経つのだから当たり前だが…。


時代は移り変わり、規模が何十倍にも膨れ上がったフェスが日本中で行われるようになったが、案外その根本は変わっていないのかもしれない。

そんな何かを現場で感じられたら、仕事以上に得るものは大きいだろう。


そして、野外ではないが、もう1つ。
夏の初めに宮城県白石市での音楽イベントが決まった。

馴染みのアーティストが何人か出演する予定である。
(すなわち僕は仕事なのだが…)

詳細はミルトンママのblogを!

love & festival.
by higehiro415 | 2010-04-30 23:39 | 音楽 | Comments(3)

GW直前、

だからという訳ではないが、溜まっていた名刺を整理してみた。

なるべく戴いたその日に、年月日と場所などを書き込んでおくように努めているのだが、ついつい後回しになり名刺を眺めても誰だか思い出せないことがたまにある。

もちろん一緒に仕事をし話をした人は忘れないが、誰かの紹介とか偶然居合わせて形式的に名刺交換をした人だと、やはりわからなくなることが多い。

昔は知り合いの電話番号や誕生日から血液型まで、ほとんど頭に入っていたのだが。

情報量が増えたせいなのか、それとも単に日々の生活習慣の中で、記憶するという頭の癖がなくなったからなのか?

いずれにせよ年々、記憶力は確実に衰えていると実感する。
あ~、悲しい。


ついでに携帯やらPCやら紙切れやらにメモっていた今後の予定を、手帳に書き写し整理した。

なんか今年は忙しいなぁ~とは感じていたが、その整理した手帳の月ごとのスケジュールを見て自分で驚いた。

7月まで、週末はほとんど予定で埋まってるではないか!

平日のルーティーンや今後入ってくる(隙間に入れるしかないもんなぁ)仕事を考えると、気分はすでに秋の気配。

8月は間違いなく野外イベントが入ってくるだろうし、夏が終わるまではゆっくり休みが取れないことが判明したのである。トホホ…

整理などしなきゃ良かった~(泣)


love & a heavy schedule.
by higehiro415 | 2010-04-28 21:24 | 日記 | Comments(2)

オー!ファーザー

発刊されて直ぐに入手したもののなかなか読む時間(正確には一気読みできる時間)がなく、しばらく手を付けていなかったが、先週ようやく読破!

伊坂幸太郎の最新刊「オー!ファーザー」のことである。

何年か前に仙台の地元新聞に連載されていたものなので、書き下ろしのものではない。

彼の作品を読む時はスピード感を味わいたいゆえ一気読みと決めているので、連載は読まずに文庫化を待っていたのだ。

いろんな形の愛情をテーマにした好作品であった。

他作品でもいつも思うが、泣かせる場面が大袈裟じゃないのが何とも言えず逆にグッとくる。

音楽に例えれば、ギンギンのソロではなく何気ないアンサンブルの隙間に感じるセンスの良さみたいな?

たとえ現実味のない話の展開でも、登場人物のキャラ設定が抜群なので、台詞がリアルに響いてくる。

自分もこの物語に登場するファーザー達のように、大きな心を持って飄々と生きていけたら、どんなに素敵だろう。


love & affection.
by higehiro415 | 2010-04-27 22:05 | | Comments(3)

カラボ

昨日はカラーボトルのインストアライヴPAで、イオンモール名取エアリへ。

またまた成長した彼らの姿を見ることが出来て良かった。

相変わらずの人気で、ショッピングセンターのイベントスペースは買い物客とファンで埋め尽くされ、さながらライヴハウスのような盛り上がり。

初めて見たというモール担当者も驚いていた。

新曲がバラードだからか、より繊細な一面を垣間見れる演奏が印象的であった。

メンバーの表情は晴々と優しく、今のバンド状況が良いことも伺い知れた。

夏のワンマンライヴが楽しみである。

僕のほうは前回に続き、人混みで客席側の音をなかなか確認できず苦労したが、関係者からの注文がほぼ無かったので、まずまずの音が出せていたのだと思うことにしよう。


さて今週はThe黄昏カラアズのMix作業、日曜は坂本サトルBANDのPAで荒吐ロックフェスへ。

SMILEツアーのため先月のソロPAを引き受けられなかったHEAT WAVE山口洋にも久しぶりに会える。

ぶり返した風邪、早く治さなきゃ。


love & lush.
by higehiro415 | 2010-04-26 19:17 | 音楽 | Comments(3)

Double-edged sword

一昨年の坂本サトル全国ツアー中、強制的に(笑)スタッフ日記を書かされてから1年半以上が過ぎた。
あれがきっかけとなり、勧められるまま徐々にここまできている。

僕の場合、飲み屋で話していることの延長をただ書いているだけとは言え、
まさか自分が日常的に文章を書いたりTwittertデビューするなどとは、夢にも思わなかった。マジで。

過去に文章を人様に読んでもらうことなど、数えるくらいしかなかった。
自分のバンドのチラシに書くキャッチコピーや宣伝文、地方音楽雑誌(Easy On、懐かしい!)のレコ評やライヴリポートぐらい。
それが、今や…自分でもびっくりする。

今さら言うことではないけれど、web文化になり全世界の誰もが閲覧することができるってのが、わかってはいるが実感が湧かない。
それでも知らない人に「blog見てます」とか声をかけられると「あ~見てる人いるんだなぁ~」とちょっと納得する。恥ずかしいけれど。

疎遠になってる知人への、元気の便りという側面もあるかもしれない。

自らプライバシーを開けっ広げにしてるくせに、どこか覗かれているような感覚もある。
匿名ゆえの良さと悪さもあるよな~。

匿名についてはいろいろ迷ったが、仕事上の実名を出したりするし意見をはっきり言いたいので、正体を隠すのは良くないと思いプロフィールを明かすようにした。

知らないところでネタにされていたり(コレクターズ古市コータロー4/3blog参照)、写真をデカデカと掲載されていたり(鈴木達也blog「PULP MAGAZINE」4/23参照)なんてこともある。
ま、こういう愛情のこもったものなら仕方ない。
いつか仕返しすればいいだけである(笑)

Twitterも流行りに乗ったつもりはなく、名指しでつぶやかれてるよと人伝に聞いて、使い方もわからないまま返事を出すために始めた。
5日めにして、ようやく楽しさがほんの少しわかってきたが。


まぁ、便利なものは「諸刃の剣」が世の常である。
振り回されない程度に、うまく付き合っていかなければ。


love & write down.
by higehiro415 | 2010-04-24 21:23 | 日記 | Comments(0)

代官山にて想う

昨夜のライヴ、とても新鮮な気持ちで臨めた。

今年に入ってからサトルとはまだそんなに絡んでなかったし、普通のライヴではない企画ものだったし、何よりアコースティックトリオは音作りが難しいから腕が鳴る。

結果、なかなかイイ仕事が出来たように思う。
マット、ハナを含めた3人も抜群のプレイを披露してくれた。
詳しくはサトルのアメブロでどうぞ(笑)

さて、打ち上げは楽しみにしていたホルモン屋が満席で入れず、仕方なく居酒屋へ。
和気あいあいの、いつもの風景。
疲れも吹っ飛ぶ。


さて、打ち上げの席でもちょっと話題に上がったので「にわか」について少し。
これに関しては最近よく考えるし、ミュージシャン仲間ともよく話す。

絵は書けないがPCでパーツを寄せ集めることに長ける、にわかデザイナー。
深みや幅はないが何故かblogが人気の、にわか作家。
楽器は弾けず曲も作れないが素材コピペは得意の、にわかミュージシャン…などの「にわか」だ。

ここからは僕の勝手な意見だが、好きなことを手軽にやれて人前に出せる時代になったのは、いいことだ。
音楽を例にとる。
自宅でちょちょいとPCいじってCD作れるなんて、うらやましい。

しかし複雑な想いがそこには交錯する。
本人の自覚と受け取り方の問題である。

厳しい言い方をすれば、ちょっと自分のPCでCD作ったからと言って「ミュージシャンやってます」とか勘違いして欲しくはない。
「○×で働いてますが、プロ目指して音楽頑張ってます」ってのが妥当だ。

プロとはそれで食べている、若しくは魂を捧げている人たちの事だ。
CD出した=凄いわけじゃないではないか。

だからこそ、それを受け取る側もしっかりと、その質を見分けられるようにしなくてはいけないのだと感じる。
そうでなければ、この世に本物など消えて無くなってしまうだろう。
インスタントもいいが、そればかりでは栄養失調になるのだ。

まぁそんな事を憂いても仕方ないので、もっともっと「にわか」が増えろ!と、逆に思っている。
それに飽き飽きとした人たちが「やっぱ本物はいいよね」と気付き始める時が、きっと来るだろうから。

最近、音楽に限らず本物の人たちと交流する度に、強く思う事である。


love & genuineness.
by higehiro415 | 2010-04-24 15:22 | 日記 | Comments(0)

12hours

昨夜はあまりにご機嫌な飲み会であった。

待ち合わせ場所に雨の中チャリでやってきたM山と、近場の店を探す。
まだ午後3時だったので飲み屋は閉まっていたが、ランチタイムが終わったとおぼしき古びた割烹小料理屋を発見。
庶民派M山の「あっ、ここ良さそうやないすか!」の一声で扉を開ける。

「おばちゃん。今からいい?」
夜の焼き鳥を仕込んでいたおばちゃんは言った。
「ご飯?」
「いや、軽くつまみながら飲みたいんですが…」
仕方ないなぁという表情で「そう…んじゃ、どうぞ」と交渉成立。
店内はかなりの年季だ。味がある。

婆「ビールでいいの?」
髭「うん、お願いします」
婆「アサヒとキリンとサッポロどれ?」
M「んじゃ、サッポロやな!」
婆「ありゃ?無いや。スーパーでもいい?」
髭・M「ん?スーパー?」
冷蔵庫を覗き込むとアサヒSuper Dlyだった。
それを言うならドライだろ!と2人で爆笑。

つまみは、あまりにメニューが多くしかも汚い手書きで書いてあるので読みづらい。
選ぶのが面倒な2人、おばちゃんオススメの煮込みとマンボウ刺し(どちらも美味!)を肴に飲み始めた。

会うのは2月の浅森坂ライヴ以来だ。
お互いの近況を語り合う。
そして熱くてマニアックな音楽談義から自分たちが音楽を通して何が出来るのか?などなど。
2人のベクトルが同じだということを再確認し、多いに盛り上がる。

婆「無くなったから何でもいいよね?」「うん、何でもいいっす!」
すでに僕とM山は店に居座り3時間Overで、スーパー(笑)の在庫をすべて飲んでしまったようだった。

7時前には先日までツアーを一緒に回ったTちゃん合流。
再会の抱擁を交わす。相変わらずTちゃんの笑顔はホッとする。

呼び出そうかとTwitterで暇そうにつぶやいていたKタロウに電話。
都合が合わないとのことだったが、P.ウェラー新譜の意見交換で長電話してしまった。

そうこうしているうちに、僕らが飲んでいる情報を聞きつけた友人たちが合流。
先週の僕の誕生日を祝ってくれた。感謝!

「お兄ちゃん、3時から粘った甲斐あったね。みんな集まってくれて。お会計いい?」
結局23時の閉店で追い出されたが、そのまま向かいにあったSoul Barに移動。
気付いた時には3時前。
「お~、12時間も飲んじゃった~。あっという間だ!」by 髭&M山。

解散しホテルへ戻り爆睡。
起きたら部屋のドアが半開きのままだった。さすがに酔っていたようだ。
幸い誰も侵入した形跡は無いので問題なしだ。

寝不足ではあるが二日酔いも無く気持ちはスッキリ。
いい仲間との交流は元気がでる!という証明なのだ。

そんな感じで、これから坂本サトルTrioのライヴ準備に入る。
今日も楽しい夜になりそうだ。

love & good companion.
by higehiro415 | 2010-04-23 13:56 | 日記 | Comments(0)

兄貴の新譜

Paul Weller / Wake Up The Nation

昨日、ようやく音源を入手した。
荒削りなギターの音を中心に、まるで60'sのバンドサウンドである。

①これは狙ったものなのか、それともスタジオなどの都合でこうなったのか?
②そしてウェラー兄貴は何処に向かっているのか?

昨夜いつものMusic Barにて新譜の試聴会をした時の話題だ。
個人的な印象はSmall Faces初期とThe Beatles(Rubber Soulあたり?)の匂いがした。

ライナーなどの資料がまだ無く定かではないが、本人がビートルズやキンクスの名前を比較として挙げたらしいので、あながち的外れな印象ではないのだろう。
曲はほとんど3分以内だし、聴く人によっては少しパンキッシュに感じるかもしれない。

賛否両論あるアルバムだとは思うが、PWの場合THE JAMの時代からそうなので気にする事はあるまい。

正直、僕にとっては一度聴いて「サイコー!」と言えるものではなかった。
まぁ、もう30年以上彼の音楽を聴きまくってきたので、自分の中の採点は当然辛めになるのだが。

思い返せばジャムもスタカンも、その当時は?だったけれど聞き込むほどに惚れたアルバムがたくさんある。
リアルすぎるゆえ自分の気分みたいなものにフィットしたりしなかったり。
それがPWの恰好良さでもあるのは確かだ。

3回しか聴いてないので細かい感想はまだ書けないが、随所にちりばめられた音の破片が確認できた。
きっと共同プロデューサーSimon Dineの仕業だ。

そうなると疑問①は前者だろう。
あえて雑味のあるラウドなサウンド処理をした確信犯なのかもしれない。

という事は、疑問②は原点回帰の名を借りたSwingin' Londonへのオマージュか?

真相はともかく、もう少し時間をかけて聞き込んでいこうと思う。


love & nation.
by higehiro415 | 2010-04-20 19:19 | 音楽 | Comments(0)

Thin layer of snow.

朝カーテンを開けて驚いた。

昨夜のニュースで、もしかして?と思っていたが、うっすらと雪が積もっているではないか。
レオナルド・ダヴィンチと東京ディズニーランドと同じという自分の誕生日を過ぎての雪景色は、思い返しても記憶には浮かんでこない。

この天候で野菜が高いというのでスーパーをのぞくと、キャベツとピーマンは本当に高い。
よく行くトンカツ屋のおばちゃんも「安くて美味しいキャベツ仕入れるの大変なのよ~」と言っていた。
カーネーション栽培も母の日に間に合わないというではないか。

自然には逆らえないけれど、この天候不順にどんな意味があるのだろうか?


気を取り直してレコードを聴く。
そう言えば、買ってからちゃんと聴いてないアナログ盤があったのを思い出した。
先月のA.SMILE仙台公演の時に、みんなで中古レコード屋へ行きゲットしたやつだ。

BLOSSOM DEARIE「May I Come In?」

f0210751_1328056.jpg

1964年にリリースされたCapitol移籍第1弾は、NYっぽさが漂う洒脱なアレンジと彼女の脱力系ヴォーカルが見事にマッチした好盤であった。

JAZZもいいね!
特にこれは今日のようにボンヤリしたい時には最高だ。
昨年亡くなってしまったのが惜しまれる。

しかし癒されるなぁ、このアルバム。

(あ~、明日はA.SMILEのファイナルだなぁ。見届けたかったけど仕方ない。
きっと想いは届くだろうから…)


Love & Jazzy.
by higehiro415 | 2010-04-17 13:30 | 音楽 | Comments(3)

年甲斐…

…とは何ぞや?
年齢にふさわしい思慮や分別、と辞書にはある。
非常に曖昧だなぁ~。

冷静に現実的なことを言えば「おっさんみたいに夢のないこと言うねぇ」と言われ、理想を臆面も無く言えば「もう子供じゃないんだから」と言われる。

誰かの勝手な都合で「もう中学生なんだよ」とか、「まだ中学生なんだから」とか言われたりして「どっち?」と悩んだ頃を思い出す。

言葉の意味に噛み付く気はないので、ここはあっさり「はい。僕は年甲斐もありません」と認めるほか無いのである。


さて、Photoは部屋にある英国グッズのほんの一部。

f0210751_1848797.jpg


ほとんど知人・友人達からいただいたものである。

ある後輩は新婚旅行でNYへ大リーグ観戦に行ったのだが、お土産は何故だかLondon Modsマグネットだった。

プロデュースしている、とあるインディーズ女性シンガーは「髭さんっていつも英国の何かを持ち歩いてますが、イギリス人なんですか?」と、つい先日バンドメンバーに真剣に訊いたそうだ。
面白すぎて「そうだよ。知らなかった?」と答えてくれたらしい。
よくやった!


部屋をはじめ身の回りには、こういう英国アイテムがいろいろあって、ボーっと眺めては一人ほくそ笑んだりしているのである。
そう、年甲斐もなく。

でも好きだから仕方ないんだもんね~(笑)


Love & Good sense.
by higehiro415 | 2010-04-16 18:49 | 日記 | Comments(3)