佐藤ヒロユキ。仙台在住のMOD音楽職人(サウンドエンジニア&プロデュース/レーベルなどやってます)アナログレコード好き1963年生まれ。GROOVE COUNCIL代表。http://groovecouncil.jimdo.com/


by higemodern
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2013年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

お陰さまで全公演Sold Outとなりました!

ANALOG MONKEYS(古市コータロー×浅田信一)
1st Tour 『堕天使達のヴォヤージュ』
f0210751_1111333.jpg


※大阪公演ソールドアウトしました!
【大阪公演】
2013年10月11日(金)
心斎橋 JANUS dining(ジャニスダイニング)
18:30 open / 19:30 start
スペシャルゲスト:森山公一
※限定80名(整理番号61番以降は立見になります)

※札幌公演ソールドアウトしました!
【札幌公演】
2013年10月13日(日)
円山夜想(マルヤマノクターン)
17:30 open / 18:00 start
※限定60名(整理番号41番以降は立見になります)

※仙台公演ソールドアウトしました!
【仙台公演】
2013年10月14日(月・祝)
SENDAI KOFFEE CO.(センダイコーヒー)
17:30 open / 18:00 start
※限定70名(整理番号46番以降は立見になります)

チケット料金は全公演共通
前売¥4,500(1drink別)
当日¥5,000(1drink別)
※但し予約で定員に達した場合は販売しません。

チケット予約受付
2013年7月1日pm21:00〜
groovecouncil@gmail.com
アナモン(各公演名)係

お名前、住所、電話番号、公演名と枚数を忘れずに明記して下さい。
予約は各公演お一人様3枚まで。
複数公演申込み可。
整理番号はお申し込み順になります。

お申し込み後一週間以内にチケットご購入の詳細をメールしますので、
groovecouncil@gmail.comからのメールを受信できるよう設定お願いします。
なおご予約後のキャンセルはお断りしますのでご了承下さい。

それでは、たくさんのご予約メールお待ちしてます。
チケットをゲットして楽しみに夏を越えましょう!
by higehiro415 | 2013-06-28 11:05 | 告知

Determination

仕事をする上でのポリシーや哲学や価値観というのは、人それぞれであろう。
それは例えば労働に対する報酬であるとか、好きな分野など業務内容であるとか、スキルを磨けるような向上性であるとか、来るものは拒まずだとか、様々だ。

最近よく思うのは、とにかく気持ちのいい仕事がしたいということ。
いまの僕にとっては、リスペクトし合える人との誠意ある仕事ということになる。

それは仕事的にも人間的にも魅力がなければならないのが大前提であり、自分もそうなれるようまだまだ磨いていく努力をしていきたい。

みんなでハッピーになれるというのも重要だ。
例えば何かの仕事のとき、誰かだけが得をしたり損をしたりするのではなく、関わる全員が全力を注いだ結果として充実できたり満足できたりして、なおかつそれぞれの対価になればいい。
そこにもやはり、リスペクトと誠意はなくてはならないものだろう。

仕事なのだからそんな理想論は言ってられないという面もあるが、ひとりでやっている以上、どこかで線引きをしていかないとダメだなという気持ちが強くなってきた。

幸運にもリスペクトできて信頼もできる仕事や仲間に恵まれているので、そこは感謝しかないのであるが、どの世界にも自分のことしか考えない人たちはいるもので、特に誠意のない人との仕事(関わり)は、本当に後味が悪い。

お金をもらえれば別にいいではないかという意見もあるが、お互いのコラボレーションやモチベーションがクオリティーに結びつくことが多いし、そういう人はたいがい思いやりもなく、お金に関してもルーズだったりする。

まぁ誠意がないのだから当たり前の事象なのだが、モノではなく感性や技術を売り物にしている僕にとってはアイデンティティーを感じられないし、こちらは誠意を持って臨もうとするわけだから、とても腹立たしかったり悲しかったりするのだ。

リスペクトが先か誠意が先かはさておき、この春に50歳という節目を迎え、独立して間もなく2年が過ぎようとしている今、これまでのようにがむしゃらに仕事をこなすのではなく、量より質というか、気持ちのいい仕事に更にこだわりたい。

そしてこれは仕事だけの問題ではなく、日々の心の問題でもある。
どのみち苦労や困難が待っているのだから、気持ちよく楽しく生きることを心掛けるのは、けっして悪いことではないと思うのだ。

そんなわけで、いろいろと自分の中で整理する時期なのだと感じている。
大切にしていることを貫くためにも、ときには勇気を持って捨て去ることも必要なのである。
by higehiro415 | 2013-06-19 19:06 | 日記