佐藤ヒロユキ。仙台在住のMOD音楽職人(サウンドエンジニア&プロデュース/レーベルなどやってます)アナログレコード好き1963年生まれ。GROOVE COUNCIL代表。http://groovecouncil.jimdo.com/


by higemodern
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2015年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

奴と、俺と。

f0210751_15280954.jpg

この1枚のシングルレコード。30年近く前に東京から仙台へと戻ってきたばかりの僕がレコーディングエンジニアを担当した、THE LOOSE STREETという仙台のアマチュアバンドの自主制作盤だ。

そのバンドのギタリストは若いくせに(といっても僕のひとつ下で、要するに自分も若かったのだが。笑)まるでCharのような上手さでグルーヴィンに渋いプレイを聞かせてくれ、大いに興奮したのを覚えている。確かその当時の彼は肉屋の配達のアルバイトをしていたと記憶しているが、それが小林英樹との出会いだった。


その後彼は日本コロムビアレコード仙台営業所で働きはじめ、同じ時期に僕はフライングハウスという会社へ移るのだが、それから6年間ほどコバちゃん(小林くん)が担当する多くのバンドやアーティスト(レッド・ウォーリアーズやニューロティカ、そしてザ・コレクターズ等々)と共に東北ツアーを回ったり、R&Rオリンピックというイベントにブッキングさせてもらったりと、本当に密な付き合いをさせてもらった。僕らが若かったせいもあるがバンドバブル期とも重なり、はちゃめちゃで豪快な日々(特に打ち上げ。笑)をかなりの頻度で一緒に過ごしたのである。


30代になり彼は東京本社へ移動、僕は音楽業界の現場に疲労し一時海外から中古レコードを買い付けたりしていたが、ほどなく小さな制作会社に籍を置きラジオ番組制作の仕事も始めた。コバちゃんは誰もが一目置くコロムビアの名物宣伝マンとして活躍していて、今度はプロモーターとディレクターという形で付き合うこととなる。

古臭い表現ではあるが同じ釜の飯を食った者同士の信頼関係というか、困った時はお互い無理難題を強引に頼み込むことも多々あったが、それによって実現した素敵なことも多かったように思う。


30代後半、国分町の飲み屋で、独立するためコロムビアを辞めると聞いた。坂本サトルと会社を作るのだと。サトルは先述のシングルレコードを録ったスタジオで(もちろん時期は少し後だが)学生時代アルバイトをしていた。これも縁なのかねぇと二人で焼酎をけっこう呑んだっけ。


そしてまた僕らは新たな形で関わっていくことになる。ラジオ局では本職が音響エンジニアだったことをあまり公にしていなかった僕だが、ラップランドという会社を立ち上げ動き出したコバちゃんとサトルは、元々の僕の姿を知っていたこともあり、ある日突然こう言ってきた。

「ヒロさん、そろそろエンジニアの腕が疼いてるでしょ!?どうみたって本来のヒロさんはライヴ現場の人だよ。一緒にツアー回ろうよ!」


この頃の僕は時折昔からの付き合いでPAやレコーディングをしていたものの、年齢的なことや経済的展望も含めて今後はディレクター業で食っていくべきではないか?と悩んでいた時期でもあった。そのためライヴやレコーディングで音楽(音)に没頭している時の抗えないカタルシスの大きさを、何とか誤魔化して押し潰して日々を過ごしていた。

しかし気のおけない旧知の仲というのがこの壁をぶち抜いた。これは奴らに頼まれたことなんだから断るわけにはいかないと自分を納得させ、もちろん心の奥底ではまた現場に戻れるのだと心躍らせながら、音楽の渦へと再度飛び込んだのである。


これはとてつもなく大きなきっかけだった。人生にたらればが通用しないのは承知の上で、あれがなければ今の自分はなかっただろうと思う。要するにかけがえのない恩人なのだ。それはお互いの事情で多少疎遠になった時期があったとしても、変わりようのない事実である。


10年前にコバちゃんが仙台へ戻ってきてからは、より多くの現場を一緒にやらせてもらった。企業のパーティーやらプロモーションライヴやらイベントやら、本当に数多く。5年前に昭和歌謡酒場プレイバックをオープンさせるとなったときは、オーディオをどうしようかとか配線の仕方とか、そこから広がるおっさんの夢みたいなことをよく八乙女のガストで延々と話したりもした。打ち上げの二次会でバンドの連中を入れないほど連れて行き、店主も含め()全員でぐでんぐでんになったりと思い出は尽きない。

僕がプロデュースしたCD(幹mikiThe黄昏カラアズなど)も何枚かラップランドからリリースしてもらったなぁ。


昨年だろうか、癌がみつかったと聞いたのは。それでも店に顔を出したり電話で話すと「いや〜仕方ないっすね。ま、大丈夫でしょ。」といつものように笑い飛ばしていたし、僕も長年の付き合いから奴はそう簡単には病気に負けないと信じていた。

シルバーウイーク前にFacebookで再入院したと知る。その少し前にアップされていた写真があまりに痩せていたので、もしかして、いやまさかな、と不安に感じていたのは事実だ。それでもまた数日後に「無事退院しました!」と連絡があると思った。


一昨日、昨日と友人から具合が芳しくないらしいと連絡があったので、昨日のライヴ現場を終えた夕方前に急いで病院へと向かう。彼の親友の一人であるH君もやってきて、僕らは2時間ほど病室にいただろうか。東京から向かっていたサトルも無事に到着。痛み止めのモルヒネのせいもあるのか意識は朦朧としているものの、僕らの声に反応し少しだが会話ができた。

18時頃「明日また来るから!」と言い残し、僕らは病院をあとにした。

しかしその6時間後、さっき永眠したと連絡があった。無念すぎる。


今はまだ気持ちの整理がつかず、なんて言ったらいいのかわからない。

結果的に最期に会うことができてよかったとも思うが、昨日行かなければ今日も待ってくれていたのではないかと思ったり。まだ51歳、人はいずれ死ぬのだとわかっていても早すぎやしないか?

何より残されたご家族のことを思うと、なんともやりきれない。


昨日の今日でこんな文章を書いていること自体、おかしいのかもしれない。

それでもコバちゃんの冥福を祈りながら、これを書かずには正気を保てないので勘弁して欲しい。これは彼への昨日話せなかった思い出話だ。


知り合って30年、もちろん少し距離があった時やお互いの信念の違いで言い合った時もある。しかしどんな時も彼は真っ直ぐストレート勝負で接してくれた。気まずくなった後は、でもこういうのをくされ縁って言うんだよな、と笑って仲直りした。

そういう縁を大切にした男だからこそ、数多くの人と人との縁を取り持ってきたのだろう。


それにしてもあのバイタリティーはすごかった。そして独特のやんちゃな()キャラクターで多くの人に愛された男だった。あんなやつはそうそういない。

惜しむらくは昨日「ありがとう!」と伝えられなかったことだ。あの誘いのお陰で、いまハッピーだよと。

そのうち言おうとか、そのうち会いに行こうでは遅いのだ。


コバちゃん、おつかれさま。とにかくゆっくり休めよ。

コバちゃんの代わりにやることもあるし、俺はもうちょい元気に頑張って、そのうちそっちに行くからさ。

いつもの珈琲焼酎、いい塩梅に漬けておいてね。


合掌。





by higehiro415 | 2015-09-28 15:38 | 日記 | Comments(4)

浅田信一BDライヴ2015レポ

2015.8.27浅田信一 BD Special Live ~new landscape~ Set List

01. パラソル

02. 春のうた

03. CherryBlossoms

04. 五等星

05. 宵待ち

06. 無常の世界

07. 夏のうた

08. ローファー

09. YouAnd I(新曲)

10. Answer

11. 堕天使達のラプソディ(新曲)

12. Over& Over(新曲)

13. 最速のカモメ

14. 深夜バス

15. BlueMoon Blue(新曲)

16. ひまわり

【アンコール】

17. 秋のうた(新曲)

18. 冬のうた

19. DeadMan

【ダブルアンコール】

20. UnknownWorld


この日の会場Zher the ZOO YOYOGIには、ライヴタイトル通りこれまで見たことのない新しい風景が確かに存在していた。それは希望という名の淡い光といった抽象的な空想の類ではなく、例えば目の前に広がる色とりどりのフラワーガーデンから花の香りが漂ってくるような、僕らの五感をうっとりと刺激する素敵な風景であった。


とにかく素晴らしいライヴで、どんな言葉を使って表現しようと試みても陳腐に感じてしまうほどだ。しっかりと地に足をつけて音楽を放出するそのパワーはとても力強く、同時に浅田信一のキモともいえる凜とした美しさはさらなる極みへと上っていくような、ポジティブなエネルギーに満ちた至福の2時間5分。


打上げ締めの挨拶で古市コータローが語ったように、ミュージシャンとしての浅田信一がここに帰ってきてくれて嬉しいし、ここからまた何かが始まるというワクワク感あふれるBDライヴ、その瞬間に立ち会えた僕らは幸運というほかない。それはニュー浅田信一が誕生したというより、むしろようやくベールを脱ぎ本来の姿に舞い戻った一人の音楽家の底力とロマンが描かれたリアルなドラマともいえた。

f0210751_08384512.jpg

*****


僕はライヴの3日前に東京へ。四谷で別件のレコーディングが入っていたためだ。1日目、レコーディングが終わるのを待っていてくれた信ちゃんと近くの居酒屋で夕飯。ライヴのことよりも今後の仕事や音楽業界の未来について語り合う。車で来ていた信ちゃんはウーロン茶を飲みながら付き合ってくれ、帰りは新宿のホテルまで送ってくれた。

2日目はレコーディング現場に差し入れを持って顔を出してくれた。これにはレコーディングしていたバンドのみんなも大いに感激し気合が入ったようだ。3日目、ホテルの部屋で仕事をしているとLINEがきた。「今日は何やってるんすか?」僕が一人で暇してると慮ってくれたのかライヴ前日で軽く飲みたい気分だったのか、どちらにしても嬉しい誘いだったのだが、夕方に合流し以前から気になっていたフレンチバルで白ワイン片手に前夜祭となった。


「少しは緊張してる?」

「緊張というかやっぱりライヴ直前はナーバスにはなるかな。まぁでも今回は心強いバンドメンバーもいるしね。」

そう言いながら笑った信ちゃんだったが、いろいろと思うところはあっただろう。いま自分がやりたい音楽(新曲たち)がファンの人たちにどう響くのかという不安と期待、素晴らしいサポートメンバーだからこそ主役である自分も負けられないというプレッシャーも多分にあったはずだ。それでも彼の表情を見ながら、翌日の大成功を予感したことも事実である。



当日、少し早めにホテルを出て代々木へと向かう。タカマックから会場近くのラーメン屋の長崎ちゃんぽんが旨いと情報がきていたので、そこでランチをしてから行こうと考えたのだ。オーソドックスな味でなかなかであった。お先に!とちゃんぽん写真をグループLINEに投稿すると信ちゃんからの電話が鳴る。「ちゃんぽんの店どこら辺すか?」コータローからは「ちゃんぽん、どう?」と探りのメールが。タカマックも「味だいじょぶすか?間もなく向かいます。」と返信が。結局バラバラではあるがコージを除いたみんながそれぞれ食べに行ったようだ。一緒に行かないところが大人ではないか()


JRが止まっているという情報が入るが、入り時間前には無事全員が揃いドラムやアンプを搬入しセットする。この日はローディーとして2人が手伝いに来てくれていて心強い。僕はアシスタントで来てくれたアイタちゃんと共にPAの準備を始める。この日の音のテーマはリハ音源を確認した時点で固めていた。ロックっぽい音の渦を作りながらも色気ある繊細さやポップ感も伝えられたらいいなと、そこに照準を合わせスピーカーのチューニングなどしていく。満員のためカウンター側にも音が聴こえるようサブスピーカーもセット。

照明は会長(岡野パイセン)にお願いしていた。ライヴはやはり視覚的要素がかなり強いので、信ちゃんの歌をとてもよく理解している彼女の存在はありがたい。


セッティングも終わりサウンドチェックからリハへ。コージは念入りにドラムキットをチューニングし臨む。タカマックはベースラインをよりスムーズにするべく指を慣らす。コータローはROLAND JC-120とは到底思えない(別のアンプが鳴っているような)さすがの音作りを施す。信ちゃんはマッチレスのアンプで個性ある音を出し、アコギも相変わらずの気持ちいい鳴り。声も調子良さそうだ。


それぞれ(もちろん僕や会長も)の確認もあるのでほぼ全曲をおさらいしていく。バンドはテンポ感や構成や音色、さらにモニターなども確かめつつ微調整しながら進む。さすがのメンツだけあってリハの時点でジ〜ンとくる場面も多い。

f0210751_08380273.jpg

ザーザズーは音響特性にクセがあるので音作りがなかなか難しいのだが、アンプやドラムの音量などメンバー全員がPAに協力してくれ助かった。ここら辺もやはりプロ中のプロだ。僕は彼らの素敵な生音を最大限に生かしながら、絶妙なバランスを探っていく。モニターのハウリングにはぎりぎりまで苦労したが最終的には落ち着いたのでホッとした。

会長は1曲ごとに照明のシーンを作りメモリーしていく。演劇を得意としているだけあってドラマチックな雰囲気のある色使いだ。

物販チームはこの日届いたTシャツの検品や先行販売のための準備をしてくれている。ZTZスタッフはフライヤーを織り込みしたりドリンクカウンターを準備したり僕らの手伝いをしたりとせっせと動いてくれていた。

皆さん本当ありがとう。

f0210751_08380958.jpg

コータローのドラムで信ちゃんが歌ったりという休憩を挟みながら、和やかにしかし真剣にリハが進むと、バンドの音がぎゅっと締まっていくのを肌で感じる。メンバー全員がリハを楽しんでいるような、このままずっと続けていたいような感じにも見える。最後に信ちゃんが用意してきたオープニングSE〜オープニングナンバーをチェックしリハ終了。各々が万全の準備で、あとは満員のオーディエンスを待つのみだ。


開場BGMは渋めのアメリカンAORにした。物販コーナーには長蛇の列。久しぶりのNew EPが飛ぶように売れている。やはりみんな待っていたのだと僕まで嬉しくなった。楽屋は緊張感を保ちながらリラックスムードが漂っている。開演10分前の様子を見て、店長マティ君と相談し5分押しでスタートしようと決めた。


SEの中メンバーがステージに登場すると、大きな拍手と「信ちゃ〜ん!」の声援が飛ぶ。全員が楽器をスタンバイし、信ちゃんが準備OKの手を上げ僕はSEをフェードアウトする。それを合図にパラソルのイントロのギターが鳴り始め、夢のようなショーの幕が切って落とされた。

f0210751_08384512.jpg

がっちりと脇を固めるサポートメンバーが奏でるバンドサウンドは、グルーヴィーながらしなやかさも纏った極上のアンサンブルで、信ちゃんの歌の世界観をよりメロディアスに音像として表現していく。


コージ(古沢cozi岳之)のドラミングは信ちゃんとのセッションも多いせいか相性もいいのだが、歌うように弾むリズムは時としてボーカルとハーモニーを奏でるかのような化学反応があり、カラフルな色合いを付加していく。

タカマック(高間有一)のベースは非常にタイトではあるがフレーズは多彩で、縦横無尽に地を這うようにうねる正確なグルーヴは全体のボトムに厚みを与える。

コータロー(古市コータロー)のギターは、コレクターズともキングオールスターズとも違う変幻自在さを見せてくれた。ドライヴ感のあるギターカッティングからムード満点のソロや効果的なリフなどを次々と繰り出す。その存在感もさることながら、曲ごとの表情作りのポイントになっていた。

f0210751_08385488.jpg

鉄壁のプレイではあるがヒューマンな香りもあり、いい意味での緩さみたいな自由度も持ち合わせた演奏は時に激しく時に優しく心を揺さぶる。その大人のダイナミクスは彼らにしか出せない味だろう。初リハで音を出した瞬間「これだよ!」と信ちゃんは思ったらしいが、それも大いにうなずける。まるで一つのバンドのようでもある。そしてそんな強力メンバーを本気にさせるのが浅田信一の歌であり曲であり人柄ということだ。


バンドサウンドに融合しながらも、そこに真っ向勝負を挑む信ちゃんのボーカルとギターは強烈に鮮やかだった。ギタープレイは心地いいタイム感をキープしつつ、音の隙間にパズルのように入り込む。シルクの如き光沢のある歌声は、このまま夜空の果てまで伸びていきそうに躍動する。音の波を悠々自適に泳ぎまくるボーカルはこれまでになく大胆であり繊細であり、どこか万華鏡の中にでも放り込まれたような不思議な恍惚感を与える。何度も発言しているが、やはり紛れもなく音楽シーンの至宝といえる唯一無比のシンガーソングライターだ。

f0210751_08390459.jpg

セットリストはダブルアンコールも含めて全20曲。新曲も含めてどれもが名曲だというのがまた凄い。バランスも流れも最高でダブルアンコールのUnknown World以外はすべてソロになってからのナンバーが占めた。MCでも触れられたように、7月のSMILEトリビュートで過去を総括したぶんこの日は今と未来を見据えたものになったのだが、もちろんそこにはここまでたどり着くのに要した時間や経験、つまりは過去が糧になっていることは言うまでもない。痛みや悲しみは人を成長させ優しくさせるというが、そんな心のひだまで見えるかのような感動的なセットリストだったのではないだろうか。

f0210751_08393808.jpg

アンコールにはサプライズのBDケーキ(ファン有志の方々が用意してくれたシンディーが描かれたケーキ)も登場しみんなでHappy Birthdayを歌う。とにかくメンバーも各スタッフも大勢の関係者もそしてもちろん僕も、あの場にいた全員が気持ちよく音楽に酔いしれ、心に温かく刻み込まれるスペシャルナイトとなった。

f0210751_08391807.jpg
f0210751_08395557.jpg

信ちゃんとがっちり仕事するようになって約5年、きょうほど頼もしい彼を見たのは初めてかもしれない。あの歌を歌声を多くの人に届けたいと願い勝手に尻を叩いてきたが、ここからは黙っていても大丈夫なのではないか。なんか寂しいような嬉しいような、同時に自分ももっといい音作っていかねばと個人的にはそんなことも感じた夜でもあった。


打上げで中村貴子さんと話す。「私たちの仕事って結局はイイ(好き)と思える音楽を応援することだよね。」僕は深く相槌を打つ。今夜のライヴを思い返しながら、そういう素敵な音楽が目の前にあるってなんて幸せなことなのかと思う。


f0210751_08375669.jpg

サマーライヴサーキットと銘打った一連のライヴはここで一段落。しかし浅田信一20周年イヤーはまだ来年7月まであることをお忘れなく。イベントも含めてそれほど間をあけずに信ちゃんの歌声が聴き続けられるはずだ。たぶん()。まずは制作中のニューアルバムが滞りなく作業が進みリリースされるのを一番の楽しみにしたい。


Keep calm and Music on

皆さんに幸あれ。









by higehiro415 | 2015-09-02 08:51 | ライヴ | Comments(4)