佐藤ヒロユキ。仙台在住のMOD音楽職人(サウンドエンジニア&プロデュース/レーベルなどやってます)アナログレコード好き1963年生まれ。GROOVE COUNCIL代表。http://groovecouncil.jimdo.com/


by higemodern
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ふたつの才能。

先週末の2つのライヴについて書こう。

ひとつは、来月メジャーデビューする秋田出身のシンガーソングライター、高橋優くん。

プロモーターから情報は得ていたが、何より敬愛するミュージシャンである浅田信一氏がサウンドプロデュースを担当し、更にサポートバンドのバンマスとしてギターを弾くと言うではないか。

そして信ちゃん本人からも、とても才能のあるシンガーだと聞いていたので大いに期待していた。

ライヴ当日の昼過ぎに、まず電話がきた。
「ども、浅田です。おつかれっす〜。いま会場に着いたんだけど、この近くに旨い牛タン屋ないすかねぇ?」
ちょうど僕は会場近くにいて仕事の合間だったので、とある牛タン屋へ皆を案内。

そして初めて高橋優くんと会い、その佇まいに、夜がますます楽しみになったのであった。

この夜の仙台Club Junk Boxは、5バンドのオムニバスライヴ。
1つ前のバンドもなかなか良かったが何せ音が最悪だったので、フロアの外で友人と話をしながら出番を待つ。

ほぼオンタイムで、いよいよ高橋優ライヴ初体験。

PAの音もコーラスが聞こえづらかった以外は、この日の他の出演バンドとはまるで違っていたし(後で聞いたら専属のPAマン同行で納得)、照明もきっちりしていた。
バンドの演奏もクオリティが高く、アレンジも素晴らしい(さすが信ちゃん!)。

そして優くんの歌である。
少し雑な面もあるにはあったが、見た目とは違い(失礼!)非常に骨太で、メッセージ性のある躍動感にあふれていた。

おじさん、2回ほど目頭が熱くなったぞ。
聴く人にズドンと響く歌って、なかなかお目にかかれない。
いい歌うたうね〜。

仕事目線になってしまうが、音や照明、曲のつなぎやMCなど(5曲だけだが)見せ方も計算されていて、トータルでプロの仕事人が関わっている質の高さを感じた。

これも大切なファクターのひとつである。
きっと、もっともっと大きくなるであろう。

紹介されることもなくバックに徹していた信ちゃん、クールでイカしてた!

ライヴ後は信ちゃんと2人、中華飯店(萬寿山)へ上海ラーメンを食べにいき、軽く乾杯となったのであった。



もうひとつは、いつか仕事ができる日がやってくるだろうと思っていた篠原美也子さん。
坂本サトル氏をはじめ何人かから噂は聞いていたのだが、会う機会に恵まれず何年か過ぎていた。

しかし今回ひょんなことから、東京マターでPAの話が巡ってきたのである。
東北放送東京支社のN氏→盟友Lapland小林氏を経由してのものだった。

これは何かの縁だと思い、彼女の久々の仙台ライヴのPAを快く引き受けさせてもらった。

今回の会場は仙台市中心部より車で10分ほど、広瀬川沿いのロケーション抜群のカフェ・モーツアルト・アトリエ。
17時半開場なのだが17時まで通常営業しているとのことで、セッティング〜リハを30分でやらねばならない。

Twitterやメールで会話していたので、そんなに緊張感はなかったとは言え初対面である。
お互いやや硬めの挨拶を済ませ、急いで準備をしサウンドチエックへ突入するも、途中で客入れの時間となった。

ここで篠原さんの性格が垣間見れた。
開場を少し遅らせて、もうちょいリハをやってもよかったとも思うのだが「あら〜、もう開場の時間!」とピタリとやめた。

そこには、お客さんを待たせたくないという気持ちと、あとは本番でなんとかなるわよ!(するわよ!)という思いもあったように推測する。

まぁ、僕も同じタイプなのでまったく問題はない。
本番で何とかするのが僕らの力量でもある。
f0210751_22435871.jpg

初めて生で聴く歌声は、力強さと繊細さが同居した、とてもダイナミックレンジの広いものであった。
思わず引き込まれてしまう不思議な世界を持っている。

問題意識丸出しの毒のあるものから、くだらない冗談まで、独特のMCも魅力的であった。

会場の都合でPA卓はステージ横にあり、さらにカフェという構造上音作りには苦労したが、終演後に外で一服していたお客さんが「きょうの音良かったね〜」と雑談していたのが耳に入りホッとした。

その日のうちに東京へ戻るというので、軽くご飯&ビールでプチ打ち上げ。

ようやく色々と屈託のない話ができたのだが、人間的にも非常に深みのある人であった。
たぶん僕よりちょっと年下なのだが、つい敬語を使いたくなってしまう(笑)

今後もいいお付き合いが出来そうな予感がする、心地いい夜となったのである。


love & fascination.
[PR]
by higehiro415 | 2010-06-25 23:06 | 音楽