佐藤ヒロユキ。仙台在住のMOD音楽職人(サウンドエンジニア&プロデュース/レーベルなどやってます)アナログレコード好き1963年生まれ。GROOVE COUNCIL代表。http://groovecouncil.jimdo.com/


by higemodern
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Continuing Desire

あと2日で2011年も終わろうとしている。

例年通りこの1年をいろいろと振り返りたいのだが、どうにも記憶が蘇ってこない。忘れたのではなく頭の中で記憶の整理が曖昧なのだ。
3.11の断片的な記憶以外は時系列がめちゃくちゃなのである。

もともと僕の脳は時間軸がおかしいようで、物事は細かく覚えているのだが、それがいつだったかという時間的なものとは頭の中で別の引き出しにしまっているようだ。
時系列だけ、もしくは出来事だけ、ならそれぞれ相当覚えている。けれどそれをうまく結びつけることが難しいのだ。

まぁそれを抜きにしても今年はひどい。時系列どころか出来事さえきちんと思い出せない。
脳が老化したということもあるのだろうが、やはり震災のショックとその後の退職〜独立で、とにかく無我夢中で突っ走ってきたからだろうと思う。

そう。必死だったのだ。
震災直後に書いたblogを見直してみたが、とにかく余裕がない(笑)。まぁでも頑張った形跡はあったので良しとしよう。

冷静に整理しようと思い、今年始めからの手帳を開いてみた。うっすら覚えてはいるものの、やはり現実感は乏しい。
でも今年はいろいろな意味で例年より大きな仕事や決断をしたようだ。ほんと実感は湧かないんだけれども。

TVキー局が取材に来た外タレや米副大統領の演説のPA、北海道にはライヴで2回行けたし、宮城はもちろん岩手や福島の被災地支援ライヴやインストアライヴも数多くこなした。
レギュラーでやっている何人かのアーティストのライヴPAも例年同様やれた。

フェスの仕事はARABAKI、ファンモンvsケツメ、Zepp、風とロックLive in福島、白石音楽祭と結果的に例年以上に多かったし、レコーディングも幹ちゃんとThe黄昏カラアズのアルバムで、なかなかいい作品が作れたと自負している。

震災後3ヶ月はエフエムのディレクター業務で過ぎていったんだっけ。
ここまで何気なく書いてみて、やっぱり時系列ではない整理の仕方をする自分に気付く(笑)。

そして会社を辞め独立したことが、一番大きい変化だった。
ただ独立はそのうちにと考えていたので震災でちょっと時期が早くなっただけのことだし、独立してからの仕事の舞い込み方や展開を見てみると結果オーライというか、むしろこうなって良かったのだと今のところは思える。

思い描いていたことが、少しずつではあるが実現していることに少々驚いたりする。
この前友人に「お前は夢を1つずつ叶えてるよねぇ」と言われたが、夢を追っている感覚は自分にはない。
こうなればいいなぁ〜と思うことを、強くイメージし続けているだけである。

イメージしていれば具体的な努力もするし、チャンスが来た時に迷いなく飛び込める。僕のような凡人は強く念じながら努力を積み重ねていくしか手は無いのだから。

そんな事を考えていたら、ずいぶん昔に見て納得したニュースの一場面を思い出した。京都大学の合格発表のインタビュー取材シーンだ。
TVカメラは合格発表掲示板の前で泣きくずれたり、または万歳をして喜んだりしている受験生たちを映し出していた。

インタビュアーが合格と思しき受験生にマイクを向ける。
「おめでとうございます!合格のために一番努力したこと、大変だったことは何ですか?」
「朝方学習で規則正しく勉強し体調にも気をつけました」
「一日5時間、どんな時も休まず勉強しました」
「自分の弱点を徹底的に塾で鍛えてもらいました」

様々なインタビューが繰り広げられるなか「絶対京大に入ってやる!という意思を持ち続けることが一番辛かった。支えてくれた親と友達に感謝したい」と答えた男子がいて、僕はへへぇ〜と唸った。
意思を持つということは自分を奮い立たせる。でも逆に逃げ道を自ら塞いでしまうので苦しさも大きいだろう。

人を向上させたり前進させたりする根本は意思と感謝だ!と常々考えていた僕は、若いのにいいこと言うなぁ〜と感心したのである。

ちょっと話が脱線してしまったが、震災のあと自分に出来ることをやろうと突っ走り、応援してくれる仲間に感謝しながら必死に踏ん張った結果、何とかハッピーに今年の終わりを迎えることができそうだ。


まだまだ先は長いが、ひとつの山は越えたのかもしれないなぁ。
今年を乗り越えて、果たして自分は何を得たのだろう?

逞しさ?強さ?

いや、今を駆け抜ける瞬発力のあるエネルギーと、好きなものは誰が何と言おうと好き!と言える潔さかな。

来年はもっと心から笑えるように、いい意味で気楽に過ごしていきたいな。
たぶん無理だろうけど(笑)


皆さん、よいお年を!


Love & Peace
[PR]
by higehiro415 | 2011-12-30 03:07 | 日記