佐藤ヒロユキ。仙台在住のMOD音楽職人(サウンドエンジニア&プロデュース/レーベルなどやってます)アナログレコード好き1963年生まれ。GROOVE COUNCIL代表。http://groovecouncil.jimdo.com/


by higemodern
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

幹 2ndアルバム概要

先月末からレコーディングしている幹-miki-のニューアルバムだが、GROOVE COUNCILレーベル第1弾として7.18にリリースすることが決定した。

今作はこれまで自主制作などで発表してきた過去音源のリアレンジ再録音6曲+新曲2曲の予定。
これまでの曲に新しい息吹を吹き込もうと、7人のアレンジャーを起用して作業が進んでいる。

前作のような統一感のあるものというよりも、多彩なものが詰まっている玉手箱のような出来上がりになるはずだ。

その素敵なアレンジャー陣を今日は紹介しよう。

越田太郎丸:ボッサユニットPRISMATICAの元ギタリストで、岩崎宏美、葉加瀬太郎、中孝介などのライヴやレコーディングに参加している実力派である。
先日、仙台まで来てもらいRECしたのだが、その人柄とプレイの確かさで非常にいい音源が録音できた。

榊原大:元G-CLEFのピアニスト、作曲家。現在はソロ活動の他多くのアーティストのサポートやアレンジ、またTV番組のテーマ曲担当など幅広く活躍している。
先日までツアーだったため音源はこれからだが、ジャンルレスな彼のこと、素晴らしい出来になることは間違いない。

coba:ワールドワイドな活躍を続ける名音楽家。ビョークのワールドツアーにも参加した独特なアコーディオンの音色を軸に、異国情緒漂うアレンジに仕上がりそうな気配。

森山公一&毛利泰士:(森山)オセロケッツのフロントマン、現在は良質なアメリカーナ音楽を奏でるThe Ma’amを率いて活動中。ツボを心得た音楽センスには絶大なる信頼を置いているのだが、期待通りの音源が上がってきた。
(毛利)ミュージシャン&マニピュレーター。坂本龍一、藤井フミヤ、槙原敬之、福山雅治を始め多くのアーティストに関わっている職人。Good Job!としか言いようの無い完璧な仕事をしてくれた。

石崎光:歌モノにこだわるRickenbackerギタリスト、プロデューサー、アレンジ、キーボード、プログラミングから最近はレコーディングエンジニアまで手掛ける万能職人。これまでにaiko、坂本サトル、小柳ゆき、島谷ひとみ他数えきれないRec &Liveワークに参加しているHOTな男である。今回は難しい曲を見事なアプローチで世界観を広げてくれている。

佐藤達哉:aiko、坂本サトル、Hound Dog、リンドバーグなどのツアーサポートメンバー。ボーカルに対しての愛情あふれる抜群のキーボードプレイと、現在のバンドCHEAP PURPLEでの変態的プレイ(笑)に惚れて、またまたお願いした。少し前から地元宮城県に住みながら活躍している良き音楽仲間でもある。

とまぁ、こんな布陣で進んでいる。
幹ちゃんの歌入れはまだここからが本番だが、多彩なアレンジにどう挑んでいくか見ものである。

個性豊かなメンツがアレンジした8曲の楽曲をうまくまとめられるよう、サウンドプロデュースにも気合いが入るのだ。

さて明日から3日間は、仙台メンバーによる仙台RECだ。
頑張るど〜
[PR]
by higehiro415 | 2012-04-22 23:32 | 音楽