佐藤ヒロユキ。仙台在住のMOD音楽職人(サウンドエンジニア&プロデュース/レーベルなどやってます)アナログレコード好き1963年生まれ。GROOVE COUNCIL代表。http://groovecouncil.jimdo.com/


by higemodern
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2015年 04月 08日 ( 1 )

もう20年以上前の話だが、第2次バンドブームまっただ中、僕は仙台のFという音楽イベント制作会社にいた。

そのお陰で本当に多くのバンドのツアー制作やPA(音響)を担当させてもらい、それが縁で今も仲良くさせてもらっている方々も多いのだが、中でも年に1度の仙台ロックンロールオリンピックという、野外ロックフェスの先駆けともいえるイベントに携われたことが、その後の大きな糧ともなった。


単発のものはあったけれど、毎年恒例の野外ロックフェスというのは、当時国内にはこれしかなかった。1981年、HOUND DOGRCサクセション、ARBという3バンドで始まったこのイベント、高校生だった僕は友達連中と参戦し大いに刺激を受けたものだ。

東北が誇るそのイベントを後に自分が手掛けるようになるとは夢にも思わなかったが、強い思い入れがあったぶん今も鮮明に記憶に残っている。


その会社を退社するとき、1人の男が僕のところを訪ねてきた。

「今度xxxに入社したSgといいます。佐藤さんが辞めると聞き、お願いにきました!」

僕が担当していたバンドのいくつか(シェイディー・ドールズ、ニューエスト・モデル、ザ・コレクターズ)を自分が引き継いで担当したい、という話だった。


もちろん別の会社の社員に自分が辞めるからとバンドを斡旋することも出来ず、バンドだって事務所が付いているのだから僕に何ら権限があるわけではないのだが、その筋の通し方とバンドへの情熱、そしていつの日か憧れのロックンロールオリンピックのような野外フェスをやりたい!と言った真っすぐな瞳に心を動かされたのも事実で、とにかくそれは君と事務所が決めることだと前置きして、上記3バンドの事務所の社長を紹介した。

そのSgこそ、今やARABAKIROCK FEST.の名物プロデューサーとなったSgなのである。


昨年、とある飲み会でSgと久しぶりに飲んだとき、コレクターズの話題になった。

「今年は北上ライヴも実現したし、いいアルバムも出てNHKとのタイアップも決まり、かなりいい感じだとは思うんだけど、30周年手前の来年(2015)、東北からもうひと仕掛けしてさらに盛り上げたいなぁ〜」

「そうですよねぇ。もう再来年で30周年なんですね。すごいなぁ〜」

Sgちゃん、協力頼むよ。最初に担当したバンドでしょ。あのとき必ず大切にする!って言ってたじゃん()

「言いましたっけ?()。でも、ちょっと考えてみます!」


そしてそんな話をしたのも忘れ始めた頃、コレクターズのARABAKI出演が決まったと東京から連絡がきた。しかもトリビュートという企画で単なる出演ではないとのこと、あの20年前のことを思い返しつつ武者震いした。

しかも陸奥ステージの大トリということがわかり、僕はすぐSgに「さすがSgちゃん。ありがとう!」とメールを打った。


もちろん僕が何かしたわけではないし事務所の人間でもないので、そんな風に言うのはおかしいとは思うのだが、コレクターズをより多くの人に見てもらえることと、あの日と同じようなSgの男気と変わらぬ情熱が嬉しかったのである。夢追い人は初心を忘れてはならないのだ。

同時にそれは、バンドがそれに値する活動を続け、彼にそう決断させるパワーがあったということに他ならない。


さらに東京側から知らされたのは、音のほうは僕に任せたいということだった。これにも相当驚いた。

これほどの大きなプロジェクトともなれば、いくら僕が仙台にいるとはいえ東京からスタッフ全員が乗り込んでくるのが通常だからだ。そう思っていたので運転手でも買って出ようかと考えていた。


まだまだ未熟な自分にこの大仕事を預けてくれた事務所、制作会社、そしてメンバーに大感謝しながら、その恩を返すためにも(先述のドラマを完結させるためにも)何が何でもいい仕事をしなければならない!と自分にプレッシャーをかけているところだ。


とはいえ、舞台監督にホッピーY品さん、モニターPAY本さんという心強い仕事人も一緒だし、楽しみながらあの広大なスペースに心地いい音を響かせたいと思っている。

多くの観客の皆さんにも、より喜んでもらえるように。


そんな訳で、めちゃくちゃ気合いの入っている今年のアラバキなのである。

and more・・・の発表も待ち遠しいではないか。

桜はすでに散っているだろうけれど、心にMod Flowerが咲き乱れるのは間違いないと断言する。


参加の方は会場でお会いしましょう。あっ、広いし暗いし会えないかな?(笑)




[PR]
by higehiro415 | 2015-04-08 00:44 | 日記